« これから日本を出るあなたに | トップページ | 決戦の地ニュルンベルグ »

フランスから見たワールドカップ

アルゼンチンが爆勝しました!
日本にとってはうらやましい限りの得点力。

そして、日本人以上に羨んでいるのはフランス人かも?

私たちはここ数日、フランスに滞在しています。

フランス代表は、今や「お家芸」とも言える!?予選に続いて
お馴染みのスコアレスドローで初戦を終えました。

フランスのTVはその試合の様子を淡々と伝えていましたが、
(言葉はわからないので雰囲気を感じ取って。)
やはり注目はジダンのプレーだったようです。

ジダンのボールタッチ数、パス本数、パス成功率に加えて、
彼のプレーエリアと後継者リベリーのプレーエリアを比較
するデータが詳しく流されていました。

彼ら二人のプレーエリアがかぶっていたと言っていたのか、
どちらかのプレーが期待はずれだったのか、フランス語が
理解できない私には理解できませんでしたが、どちらにしても
フランス人達にとってストレスの溜まる試合だったでしょう。

 

パリのスーパーにはフランス代表主力のフィギュアが売られています。
0617t02.jpg

ジダンのフィギュアはこれが最終モデルになるのでしょうか。
この世界に引退撤回はつきものですが、それは神ならぬ本人のみぞ知る
と言ったところでしょうか。
 
 
 

そしてフランス人が最もゴールを期待するアンリ君。
0617t01.jpg

アクロバティックなプレーのフィギュアが彼の特徴を物語っています。

ついに代表でも本領を発揮する日が来ることをフランス人は待ち望んでいます。
ハイバリー最終戦でのハットトリックのように、勝負強い彼が見たい!
 
 
 
最後は哀しき金髪男、ジブリル・シセ。
0617t03.jpg

田中マコもそうですが、一度は代表に選ばれながらも、直前でチームを離れる
男の哀しさ、何とも言えません。
やっぱりこのフィギュア、売れ残っちゃうのかな・・・。

そんな哀愁に浸っている間に、妻はお土産にピッタリ!?の
ワールドカップグッズを見つけたらしい。
 
 
それがコレ、ステッカー&ステッカーブックセット!です。
0617t04.jpg

左の小さいパッケージには1パック40枚のステッカーは入って4ユーロ。
右のステッカーブックは1.9ユーロ。(ドイツで買うと1ユーロらしい!)

ステッカーは各国代表選手がランダムに入っています。
ノートには各国ごとにページと選手のプロフィールが印刷されており、
出てきたステッカーをその選手の枠に貼っていくことで、選手名鑑を完成
させようというもの。

う~~~ん、なかなか面白いじゃないですか。

で、さっそく開けてみましたよ。
0617t05.jpg

出てきました出てきました、知らない選手もいっぱいですけど、
ジーダ、ダレッサンドロ、ジラルディーノ、、、メジャーどころも入ってるじゃ
ないですか。
 

一枚、一枚、貼っていきます。
 
はい、トッティ君。
0617t06.jpg
 
 
 
はい、加地君。
0617t08.jpg

お、今日唯一の日本選手は加地ですか~。
これはクロアチア戦活躍の予兆かもしれない!?
 
よしよし。
 
 
 
ドノバン、デルオルノ、ヴィエリ、、、えっ???ヴィエリ?

代表落ちしたよね?ヴィエリ。インザーギに負けたよね?

そう、代表メンバー確定前に作られたらしく、日本のページには
鈴木隆行の枠もありました。
 
 
 
お、大会マスコットが出てきたぞ。
0617t07.jpg

選手だけじゃなく、マスコットや各国協会のエンブレムなども入っていて
全部で約600種類!
全部集める人、いるのか?
 
 

っていうか、このお土産もらう人、うれしいんだろうか?
 
3~4パックもらったところで、写真抜けまくりの選手名鑑。。。
残りを手に入れる手段、無いでしょ?
不親切なお土産・・・。
 
 

特派員タベイの周囲の皆様、このお土産を割り当てられた場合、
頑張ってネットオークションなどで集めてください!!!

さあ、明日ドイツに戻ります。
明後日のクロアチア戦に備えて、テンション高めていきます!!!

|

« これから日本を出るあなたに | トップページ | 決戦の地ニュルンベルグ »

蹴魂~Football~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142149/3098267

この記事へのトラックバック一覧です: フランスから見たワールドカップ:

« これから日本を出るあなたに | トップページ | 決戦の地ニュルンベルグ »