« その男、「神様モード」 | トップページ | The Last Game »

赤・赤・赤・・・そして赤!

シュトゥットガルトの街が真っ赤に染まったこの日、
この街に居たことを幸せに思います。
爽快な逆転劇に、街はめちゃくちゃ盛り上がりました!

 
前日、日本の沈痛なドローを目撃した私たちは気持ちを切り替え、
ニュルンベルグから一路シュトゥットガルトへ。
 
 
快適なドイツ鉄道の旅を熟睡のうちに終えた私たちを出迎えてくれたのは、
ガイドブックに載っているような文化都市、経済の中心などといった
上品な雰囲気ではない、今日だけの特別なシュトゥットガルトなのでした。
 
 
朝から中央駅周辺を謳歌しながら練り歩くスペインサポーターたち。
0619t01.jpg

ひとつのグループが歌を歌い始めれば、近くを歩く別のグループが
その歌に呼応して、軽やかなリズムで踊りだす。
まるで勝利が約束されているかのような曇りの無い笑顔で。

きっと普段はバスクやカタルーニャといった各地方に分かれて、ライバル
チームのサポーターを罵り合っているだろうに。
 
 
シュトゥットガルトの街も試合の日はサッカー一色。
化粧品店もインテリアショップもお菓子屋さんも、入り口付近には
必ずサッカーグッズをディスプレイし、店内に引き込もうとする。

街中のショーウインドウはサッカー色にアレンジされ、とある銀行は
ウインドウ中がサッカーボールで埋め尽くされる・・・。
0619t02.jpg

いやぁ~、いい雰囲気です。
 
 
 
シュトゥットガルトのファンフェスタ会場へ向かうべく、
メインのストリートを進んでいくと、徐々にボルテージが高まっていく。
両国応援歌の応酬、ダンスの応酬が繰り広げられる。

0619t03.jpg
 
 
 
ファンフェスタ前のストリートは炎天下の中、何故か満員電車の様相。
両チームのチームカラーである赤が津波のように動き、踊り、熱気を発する。

0619t05.jpg
 
 
 
試合前には身だしなみを整えるのが彼らの流儀ってもの。
それがストリートであろうと、ファンフェスタの会場であろうと、関係なし。
0619t04.jpg

こいつにいたっては、準備=パフォーマンス化してる。
0619t06.jpg
最高です。
 
 
 
日本戦と違って気楽に構えていられるからか、それともやっぱりこいつらの
テンションに乗せられているからか、だんだん楽しい気分になってきた!

では、私たちもここでひとつ、ソーセージ。
やっぱり腹ごしらえは大切。
0619t07.jpg

ケチャップもマスタードもバケツからポンピングプッシュ!
普通にケチャップ(赤)とマスタード(黄)をかけただけなのに、その
カラーリングを見たおばちゃんから「Oh!エスパーニャ!」
声をかけられました。

おばちゃん、みんなに言ってるでしょう(笑)
 
 
 
試合会場に着いたのは試合開始2時間前。
それなのに、スペイン応援席は勝利後のような盛り上がり。

0619t09.jpg

しかもこれが止まらない、止まらない、ず~~~っと続いてる。
もう体に染みついてるんですね、このリズムが。
 
 
 
試合は思いがけずチュニジアが先制する展開に。

しかし彼らスペインサポーターは選手を励ますために、
ゴールを許した後、その応援のボルテージをさらに高める。

サポーターとしての「ツボ」を心得てます。
伝統ある競合国に伝統あるサポーターあり。
 
 
 
しかしながら、ついに追い付けないまま前半が終了。
 
 

すると、雨に濡れるハーフタイムのピッチに、背番号7が現れたでは
ありませんか!!!
そう、今日の妻のお目当て、ラウール・ゴンサーレス、その人です。

ラウールは、私のお目当てだったセスク・ファブレガスとともに
後半開始から途中出場。

0619t12.jpg

雨の国立競技場以来の再会に、妻も大喜び。

そしてラウールは、ご存知の通り見事同点ゴールを決めました。
格好良すぎます。千両役者です。
 
私の周りにはスペイン人以外のスペインサポーターが多かったのですが、
ラウールの登場とゴールには皆さんご満悦&大歓喜でした。

その後はさながらフェルナンド・トーレス・ショー
常に基点となるシャビ・アロンソからつながれるパスの行き先は、
背番号9 フェルナンド・トーレスに決まっているかのように。

爽快な逆転劇に、真っ赤に染まったスタジアムは揺れました。
本当に盛り上がりました。
そりゃ気持ちいいでしょ、第3国の私たちが見ていても爽快なんだから。

オーストラリアの人たちもこんな気持ちだったのかな?なんて
思いながら、ホテルに帰りました。
 
 
 
そうそう、関係ないんですが、今日、ビッグスターに遭遇しました。
今日は一日だけスイスへと足を伸ばしてチューリッヒを観光。

前日の快勝の余韻が残るここスイスにも、街中にパブリックビューイング
会場が設置され、また多くのカフェやバーでも試合が放映されています。
そんな街中を散策しつつ、せっかくスイスに来たのだから時計店でも
見なきゃねって感じでお店を見ていたら、、、、
 
 
そこに入ってきたのは何とマルティナ・ヒンギス
 
 
ミーハーだけど、写真撮りたい。
けど、プライベートな時間だから邪魔するのは悪いし・・・。

店員さんに「もし迷惑じゃなければ」としつこく前置きして
丁重に頼んでもらいました。
 
すると、快くOK!

0619t11.jpg

ほんと、いい人でした。
 
 
 
明日はミュンヘンに入り、セルビア・モンテネグロ対コート・ジ・ボワール
の試合を観戦する予定です。

※J-WAVE GMT ドイツ特派員ブログより抜粋

|

« その男、「神様モード」 | トップページ | The Last Game »

蹴魂~Football~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142149/3098195

この記事へのトラックバック一覧です: 赤・赤・赤・・・そして赤!:

« その男、「神様モード」 | トップページ | The Last Game »