« 安上がりハロウィン | トップページ | 【シノノメ生活】S字アベニュー »

私で良いのか?

と、いつも疑問に思いつつ、

でも、「力になれるのなら」と引き受ける。

『先輩社員』への登場。

今年はこちら→→『リクナビ』 に登場してみました。

毎年何らかの形で就職活動中の学生の前に立ち、
『先輩社員』パネリストとして質問に答える。

その度に
『俺で良いの?』
『もっと標準的な社員選んだら?』と
聞いてしまう。

でもまあ人事が俺を選んだんだし、と思い直して、
結局はいつも言いたいこと言わせてもらってる。

会社説明会、セミナー、OB訪問・・・いろんな場で
学生と接してきた。

そして最近は、インターンシップや母校のゼミ生との
フィールドワークでの係わり合いなど、現役学生と
接する機会も増えている。

もちろん、スキー仲間の大学生も含めて。

 

当たり前のことだが、自身が就職活動をしたころ
に比べて、学生は格段に多くの”情報”を持っている。

ネットを使いこなして、下手すりゃBAYより当社の
細かいことまで知ってる学生にも出会う。

みんな熱心だし、言葉使いもできてるし、ほんと感心する。

間違いなくBAYの学生時代より遥かに優秀。

ってか比べるのが失礼なほど。

 

ただ少し気になるのは、「情報過多」 なのかな?ってこと。

言葉や数字で比較しやすい部分ばかりを比べて、
それで会社を比べてるんじゃないかな?って。

確かに休みの日数や給料の金額、研修制度などなど、
言葉や数字で明確にできる条件はとても大事。

でも、頭が良くって情報が多いが故に、自分の”直感”
って奴を抑えすぎてはいないのだろうか?

言葉や数字では表せない、その事業に”何かを感じる”
ってところを大事にして欲しい。

そういう感情に素直になって仕事を選んで欲しい。

学生と接していると、そう思えてならない。

 

BAYも31歳。
オヤジのつぶやきなのかもしれない。

ただ、妙に社会人ぶって、
自分で角を削っている学生を見ると、、、

雪の上でのコンマ1秒を縮めるために、
転んでも転んでもゴールを目指し続ける
”スキー馬鹿”連中の姿が新鮮に思えてくる。

企業が若者に求めているのは、
豊富な知識やスマートさ、そして安定感などではなく、

がむしゃらに前に進む”推進力”なのだと思う。

いや、そうであって欲しい。

能力は高いのだから、もっとグイグイ出しゃばって欲しい。

そう、BAYももっと出しゃばらなきゃ。

(え?もう十分???(苦笑))

|

« 安上がりハロウィン | トップページ | 【シノノメ生活】S字アベニュー »

覚脳~Philosophy~」カテゴリの記事

風識~News!~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142149/4028476

この記事へのトラックバック一覧です: 私で良いのか?:

« 安上がりハロウィン | トップページ | 【シノノメ生活】S字アベニュー »