« 想い出話『marseille』 | トップページ | 難しかった・・・。 »

理科ってどこで学ぶもの?

200701181254000 東雲キャナルコートの
S字アベニュー。

ずっと空いてた区画に
新しいお店が出現しそう。

それは、、、何と

「理科教室」なるもの。

 

 

 

まだ工事中で詳細は不明だが、

200701181255000どうやら
こんなイメージ。

小学生と幼児を
対象にした教室
らしいのだ。

楽しそうだな~
と思ったけど・・・。

 

 

確かにこの辺に住んでいる子供たちには、
自然が十分な環境とは言えないし、

自宅近くで安全に効率良く理科が学べるってのは
きっと良いことなんだろうね。

 

だけど、きっと田舎の子だったら、
お金なんか払わずに、自然の中で遊びながら
身につけられることもたくさんあるんだろうな。

どうしてもそんなことを考えてしまう。

 

教室で学ぶことと、自然から学ぶこと、
両方が大切だし、両方を体験することが必要なんだと思う。

 

特に、BAYはアルペンスキーをずっとやってきたので、
自然を相手にするスポーツの素晴らしさとか、
そこから学べることの奥深さを、

そして自分を客観的に見るきっかけがそこにはあることを、
少しは理解しているつもりだ。

だから、都会に生まれ育った子供には、
もちろん教室で学ぶことと並行しながらだけど、

自然のなかからも同じだけ学んで欲しいなって思う。

もしBAYに子供が出来たら、そうさせたいな、とも。

 

 

アルペンスキーは、物理のスポーツ。

重力、遠心力、角度、重量、速度、、、
”技術”として語られるほとんどの要素が、
物理的に解説可能な世界。

そして気温や雪温といった自然の要素が
結果に影響する。

そんな世界で上を目指せば、必然的に
問題解決の意識が高まり、
言い訳は効かなくなり、
そして自然の偉大さを学び、
自然を味方につける術を考え始める。

大人になっても子供の時にも、
これってすごく楽しいし、
すごく難しいし、
うまくいった時はすごく嬉しいもの。

理科教室で新たな発見に出会ったとき、
きっと喜びや嬉しさを味わえると思う。

けど、それより大きな喜びや嬉しさが、
自然の中にははるかにたくさん転がっている
ってことも、味わってくれたらいいな、

昼下がりの東雲で、ひとりそんな物思いに更ける
BAYなのでした。
 

|

« 想い出話『marseille』 | トップページ | 難しかった・・・。 »

東雲~Shinonome~」カテゴリの記事

覚脳~Philosophy~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142149/4978674

この記事へのトラックバック一覧です: 理科ってどこで学ぶもの?:

« 想い出話『marseille』 | トップページ | 難しかった・・・。 »