« お宝ドーナツ! | トップページ | 祝!国体出場② »

それで良いのか?ベッカム!

レアルを出るだろうとは容易に想像ができたけど、
本当にアメリカに行くなんて・・・。

ほんとにそれで良いの???

去就が注目されていたレアル・マドリードの元イングランド代表MFデビッド・ベッカム(31)が11日、米国メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス移籍を決断した。声明を発表し、来季から5年総額300億円の大型契約を結ぶ。根強い人気を誇るスーパースターが、新天地でサッカー人気を切り開く新たな挑戦に踏み出した。

 ついにベッカムが決断を下した。「今週レアルから2年契約の延長に関して結論を出すよう求められた。家族や代理人と話し合ってマドリード残留か、英国や欧州のクラブへ移籍するか考えたが、LAギャラクシー入団を決めた。今年8月からプレーする」。世界が注目していた移籍騒動に終止符が打たれた。

 悩み抜いた末の決断だった。常々「サッカーよりも家族が大切。家族はマドリードを気に入っている」と話し、ピッチへのこだわりは後回しにしてきたが、最後は選手としての思いが勝った。今季はカペッロ監督の下で出場機会が激減。リーグ戦の先発は5試合にとどまり、11日のスペイン国王杯ベティス戦は遠征メンバーも外された。「新たな挑戦を楽しみにしている」とベッカム。もう一度サッカーを楽しむための決断が必要だった。

 新天地となる米国はサッカー人気が高いとは言えないが、ロサンゼルスには自らサッカーアカデミーを所有。ベッカムは以前から底辺拡大に意欲を示しており、関係者も「米国での挑戦は子供たちにサッカーを好きになってもらうこと。彼はスポーツ大使としての役割を果たすことになる」と説明した。またMLS側も4月開始の新シーズンから年俸総額に上限を設けたサラリーキャップの枠外で選手獲得が可能にできるようルールを改正し、リーグ運営の起爆剤となる大物招へいの土壌をつくっていた。

 英メディアは移籍に伴う総収入を5年総額で2億5000万ドル(約300億円)と報じ、スポーツ史上最高級の高額所得選手となるが、責任と期待も大きい。“王様”と呼ばれ、旧北米リーグのニューヨーク・コスモスでプレーしたペレでさえ成し遂げられなかったサッカーによる“米スポーツ界制圧”。ベッカム旋風が世界最大のプロスポーツ大国で吹き荒れる。

正直言って、少し残念な気がする。

彼にはまだ、ヨーロッパの舞台で存在感を示して欲しかった。

まだそれだけの力も失っていないと思うのだが・・・。

確かに今からヨーロッパのビッグクラブでバリバリの
レギュラーを取り返すのは難しいかもしれない。

でも、である。

例えばリバウドがオリンピアコスで再び個性を発揮しているように、
チームとの相性次第では、まだまだ彼の右足はファンを楽しませて
くれるのに十分なパワーと閃きを持っていると思っている。

かつて彼と共にマンチェスター・ユナイテッドの黄金期を支えた
メンバーは、いまだにトップレベルのリーグで主力を張っている。

ライアン・ギッグスを筆頭に、ポール・スコールズ、ギャリー・ネビルも。

ましてやテディ・シェリンガムなどは40才を超えても今なお現役。

アメリカサッカーを否定するつもりもないし、
彼の移籍はマーケティング的な価値を抜きには語れないのも
十分理解できる。

売る方も、勝った時の値段にそれが含まれているから、
その分高く売らなきゃいけないしね。

ただ、やっぱり納得できない。

別にベッカムがすごく好きな訳じゃないんだけど・・・。

でも、Jリーグが始まってから数年間、各国の素晴らしい選手が
日本にやってきた時、ヨーロッパや南米の人達はきっと何度も
こんなこと感じてたんだろうなぁ。

リネカー、ストイコビッチ、レオナルド、ドゥンガ、カレカ、、、。

「何で日本なの?どうせお金でしょ?」って。

そう考えると、アメリカサッカーにとっては間違いなくプラスに
なるんだろうと思うしかないか。

 

 

さて、移籍と言えば日本でも注目の移籍話がちらほら。

中でも2強の補強はビッグニュース!

ジェフ千葉 → 阿部勇樹 → 浦和レッズ!(未確定)

・・・どこのポジション?啓太と長谷部とボランチを争うの?
それとも闘莉王と坪井と代表最終ライン形成???
昨年頭に、ガンバの西野監督が浦和の選手層を評して
「浦和は日本のチェルシーだ」って言ったけど、
ほんとにそんな雰囲気になってきた。

ヴァンフォーレ甲府 → バレー → ガンバ大阪!

・・・でも実はこっちのがインパクトが大きい!
あのマグノ・アウベスとバレーの2トップなんて迫力満点!
もしや播戸との3トップ???
どこまで攻撃偏重に走るんだ、ガンバ?みたいな雰囲気が
ちょっとインテルっぽくて楽しい。

このオフはこのほかにもJリーグ内での移籍が活発で、
とても良い傾向だと思う。

これまでも移籍で新たな一面が見れたケースが多くって、
それがチーム力の均衡と白熱した試合内容につながれば、
見てる側にも言うこと無しだしね。

今年は去年よりも試合を見に行きたいなぁ~と
思わせる、そんなストーブリーグになっています。

|

« お宝ドーナツ! | トップページ | 祝!国体出場② »

蹴魂~Football~」カテゴリの記事

風識~News!~」カテゴリの記事

コメント

ベッカムのアメリカへの移籍は「どうせお金に目が
くらんだんでしょ」みたいに言われることが多いけれど、
アメリカに行ったが最後っていうわけじゃない、と
ある友達が言っていました。
ドイツ人でもベッケンバウアーが選手としてアメリカで
プレーした時期があったけれどそのあと彼はHSVに
返り咲いたのだとか。
ベッカムも数年後にまたヨーロッパサッカーを顧みて
くれればいいですが・・・。

投稿: akberlin | 2007/01/14 23:24

そうですね。あのクライフもペレも、そしてあのローター・マテウスも一度は足を踏み入れたアメリカサッカー。
偉大なる先人達よりもベッカムの方がアメリカへの適性はある気がしますが、やっぱりいつかヨーロッパの舞台に戻ってきて欲しいと思ってしまいますね。

投稿: BAY | 2007/01/15 15:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142149/4895674

この記事へのトラックバック一覧です: それで良いのか?ベッカム!:

« お宝ドーナツ! | トップページ | 祝!国体出場② »