« 24の後は。 | トップページ | 人徳とは。 »

十数年ぶりに描くシュプール。

先週、妻が誕生日を迎えた。

BAYが誕生日に選んだのは、

「妻をスキーに連れて行く」こと。

付き合いはじめから数えれば、早4年半近く。

その間、BAYは冬が来るたびに選手として
練習に精を出し、雪山に通った。

東京生まれ、東京育ちであるはずの自分が、
いつしか雪山の空気に”落ち着き”を感じるように
なってしまっていた。

 

一方、雪国出身の妻は、中学以来滑っていない。

それどころか、いつの間にか寒さを苦手にする
東京人に変貌を遂げてしまった。

 

そんな妻と、共に雪の上に立ったことが数回ある。

それはいずれも、

「BAY=選手→大会出場」

「妻=観戦・応援→滑らない」

という図式ばかり。

 

最初の国体は妻の誕生日とバッティングし、
さすがに北海道までは呼べずに別々の記念日を過ごす。

その後二回の国体には妻も駆けつけてくれた。

また昨年は国体出場を決めた予選にも応援に駆けつけ、
BAYだけでなく仲間達が勝負をかけた戦いを目にした。

いつもBAYが用意した防寒着に身を包み、
スキーもブーツも履くことなく、
スニーカーや長靴で歩を進める。

 

今年はBAYが選手としてスキーをしていない。

ならばせっかくだから、一度くらい一緒に滑ってみよう。

妻は「10年以上滑ってないのに大丈夫かな?」と
不安がっていたが、半ば無理やりに車を走らせた。

Img_6723お互い仕事が
終わってから
荷物を作って
関越道を
ひた走る。

時計はすでに
午前2時。
ホテルに着いた。

 

妻は雪国出身。

”泊まり”でスキーをした経験が無いらしい。

家の近くに滑れるところがあるから、そりゃ当然だ。

逆にBAYは「スキー=泊まり」の方が当たり前。

ちょっと新鮮だった。

 

Img_6742朝になってみると、
雪不足の深刻さ
が窓の向こうに
見て取れた。

昨年とは
月とすっぽん。

ほんとに寂しい。

 

 

天気も小雨交じりで良くなかったけど、
せっかくの機会だから、道具を揃えてゲレンデへ。

Img_6747BAYの用意した
余りモノのウエア。

ニット帽に手袋、
ゴーグルも含めて
BAYグッズ。

スキーに
ストック、ブーツは
レンタルして、

いざ、準備万端!

 

 

 

念入りに準備体操をして、まずは転び方と
起き上がり方の練習を。

そしていよいよリフトに乗って、リフトを降りて、
妻にとっては十数年ぶりの滑走!

さぁ、お手並み拝見!

転んだらいつでも助けに行くぜ!
(その為にBAYはストック無しで滑ってる・笑。)

 

と、思ったら、、、

 

何だ、結構滑れるじゃん。

しかもなかなかスムーズに滑ってる。

 

さすがだね。

やっぱり小さい頃から滑ってた人は、
多少時間が空いてもちゃんと滑れる。

 

本人は怖いとか上手く滑れないとか言ってるけど、
十数年ぶりでこれなら上出来◎

 

その後もゴンドラに乗り、ゲレンデを移りながら
結局なんだかんだと10本近く滑ったかな。

 

まさか誕生日にスキーをするとは思っていなかった
妻にとっては、とても新鮮な誕生日になったことでしょう。

 

|

« 24の後は。 | トップページ | 人徳とは。 »

祭時~Event~」カテゴリの記事

雪理~Ski~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142149/5502455

この記事へのトラックバック一覧です: 十数年ぶりに描くシュプール。:

« 24の後は。 | トップページ | 人徳とは。 »