« ドバイ旅行記⑧「アブラ」 | トップページ | ドバイ旅行記⑨「バージュ・アル・アラブ」 »

国立発→北京行

200703282018000

北京への切符を
手にするのは
まだまだ先だけど、

応援できる時に
応援しておきたい!

 

 

 

仕事を早々に切り上げ、水曜日の夜に向かうは
国立競技場。

【U-22日本代表 VS U-22シリア代表】

北京オリンピック出場権をかけたアジアの戦いである。

 

やっぱり公式戦はいい。
失うものがある緊張感が、まだまだMAXではないけど
みんなの心のどこかにあるから。

昨日の入場者数は18000人ちょっと。

満員になるフル代表の試合に比べれば寂しいばかりだが、
そこには本当のサッカー好きが集まっている。

BAYが選んだのはカテゴリー4(自由席)アウェイ。
相手側のゴール裏スタンドである。

相手側といっても、この日カテ4アウェイに設けられたシリア
応援席に座る人はわずか5人。

そのうち、その席の意味を理解せず座ってしまったと思われる
日本人が3人。つまり本当のシリアサポーターはわずか2人。

カテ4ホーム側は最終的にはほぼ満席に近い埋まり方。

熱心なサポーター、U-22世代をおっかける若い女性層、
そして仕事帰りに千駄ヶ谷門に駆けつけ、とにかく門から
一番近くの席に座ろうと思っていた人などでホーム側が埋まる。

試合開始からサポーターの応援が鳴り止まない。
黄色い声援も多く聞こえる。 

それに比べアウェイ側は落ち着いた雰囲気。

と言うか、スーツ率が高い!!

久々にこんなにスーツ率、オヤジ率が高い代表戦を見た!
(ま、BAYもその一員なんですけどね。)

本当にサッカーが好きで、ひとりでも見に来てるような人が
たくさん居たってこと。

ひとりで熱くなって野次を飛ばしまくってるオヤジ。

平山相太の一挙手一投足に文句をつけてるオヤジ。

ひとりでビールと焼きそばをグイグイ頬張るオヤジ。

目の前で暇そうにしているGK西川周作が大好きで、
全くプレーに関わっていないときにも「ニシカワ~」と
叫ぶオヤジ。

いや、ほんと面白いです、こういう日は。

妻はサッカーより周囲の観客に興味津々。

でも、これが本来あるべき姿なのかな、って思う。

日本でワールドカップが開催されて、
一時期フィーバーっぽくなって、
チケットもなかなか取れなくなって、
例え内容が伴わなくても、
試合が終わったら選手達を黄色い声援が温かく包み込む。

そんな時代はもう終わりに近づいているのかもしれない。

今でも海外組が戻ってくるフル代表の試合はそれに近いけど、
それ以外の代表戦やJリーグは、本来の姿なのかもしれない。

本当にサッカーが好きな人が、仕事帰りに急いで国立に向かう。

当日券を片手に、思い思いの席に座り、
(フィーバー期、ミーハーサポーターが多ければ、席は前列から順に埋まる。
 サッカー好きには中~上段に座ってピッチ全体を見渡したいってひとも多い。)
まばらなスタンドから、熱い視線が注がれる。

良いプレーには感嘆の声と拍手が起こり、
凡プレーには野次が飛ぶ。

逆サイドが明らかにフリーになっているときには
それを知らせる鋭い声が飛び交い、
相手が触ってタッチを割った時には
「マイボール!」のアピールがスタンドから審判に届く。

選手達は、今とても良い環境で戦っていると思う。

確かに満員ではないけれど、昨日スタンドに居た人たちは、
本当にサッカーが好きで、たとえ口では批判めいた事を言ってた
としても、心では日本サッカーを心底応援している人たちだから。

じゃなきゃみんなあんなに寒い夜、たった一人で見に来ないと思う。

|

« ドバイ旅行記⑧「アブラ」 | トップページ | ドバイ旅行記⑨「バージュ・アル・アラブ」 »

和心~JAPAN!~」カテゴリの記事

蹴魂~Football~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドバイ旅行記⑧「アブラ」 | トップページ | ドバイ旅行記⑨「バージュ・アル・アラブ」 »