« 舞浜WEDDING! | トップページ | 足元を見つめて。 »

京都より”夏の便り”

200707232355000妻の実家から
届けられた、
竹の筒。

京都の知り合いが
送ってくれた、
”夏の風物詩”。

 

 

BAYは知らなかった。

京都では夏の銘菓として知られている、この
竹に入った水羊羹を。

200707232357001ふたをしていた
笹の葉を外して、
中身を押し出して
みると・・・

ツルッ!っと

 

 

中から水羊羹が出てくるじゃないか!

う~ん、まず食べる前に、、、ちょっと感動。

美しいです、この水羊羹。

日本的だし、涼しげだし、確かに京都っぽい。
外国からのお客様が来たら紹介したいと思える一品。

くるりと蓋をした笹の葉がまた風情を醸し出している。
こういうのを不意に送られると、ほんとに嬉しいです。

本来は竹の端から、チュルチュルと口に流し込むように
食べるのが一般的らしいのです。
爽やかな竹の香りの中で、喉越しなめらかで、
すっきりとした、漉し餡の味を楽しむのですね。

でもBAYは初めてだったし、全容を知りたかったので
お皿に出していただきました。

味も甘すぎず、量も多過ぎず、ほんとに”丁度良い”って感じ。
素晴らしいです。

京都では夏の代表的な和菓子だそうで、
今まで知らなかった自分がちょっと恥ずかしく、そしてちょっと
損した気分にもなりました。

それくらいに大満足な頂き物でした。

|

« 舞浜WEDDING! | トップページ | 足元を見つめて。 »

和心~JAPAN!~」カテゴリの記事

楽食~Gourmet~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 舞浜WEDDING! | トップページ | 足元を見つめて。 »