« ”雪辱”の機会 | トップページ | 1本の列車の中で »

オーストラリアに勝って

何とか勝った。

PK戦で勝った。

日本が勝った。

 

 

だけど、やっぱりワールドカップでの敗戦の想い出に、
何かしらの影響は、無かった気がする。

試合を見る前に思っていた通り、あの日カイザースラウテルンで
感じた悔しさと、寂しさと、そして暑さは、、、あの時あの場でしか
感じることができない感情なんだと、改めて思わされた。

 

ただ、負けなくてよかったと思う。本当に。

二度続けて大事な試合で同じ相手に負けるって事は、
やっぱりその後に響くから。

その意味では、もしこの大会に優勝したとしても、
この先途中で散ることがあったとしても、
高原の同点ゴールや川口のセービングには、
この先につながる大きな価値がある気がする。

 

ワールドカップ予選が始まり、そして進んでいった時、
必ずどこかで苦境に立たされると思うが、
必要以上な苦手意識みたいなもを持ちたくない。

その意味で、結果として勝ってよかった。
 

観ている側ってのはホントにワガママなもので、
あんなに元気の無いオーストラリアを見せられると、
それはそれで「もうちょっと調子の上がったオーストラリアと
日本がガチンコで戦う試合が観てみたい」なんて思ったりする。

実際そんな場面になったら、相手の調子が悪いことを
願うくせに。

でも、そう思える相手が韓国やイランやサウジに加えて
同じアジアに増えたってことは、
これから先、何度も各世代の試合で熱い闘いを観れるってことだから、
それはそれで喜ばしいことなんだな。

そのうち、オーストラリアとのアウェーゲームを応援しに、
南半球に旅しちゃうか!なんて話をするようになるのかな。

なんて、こんな暢気なことを書けるのも、
すべては勝ってくれたおかげなのかもしれない。

|

« ”雪辱”の機会 | トップページ | 1本の列車の中で »

和心~JAPAN!~」カテゴリの記事

蹴魂~Football~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ”雪辱”の機会 | トップページ | 1本の列車の中で »