« 東雲発⇒夏のSALE! | トップページ | 東雲って便利! »

若きJAPANから感じるもの。

今朝は6:00の目覚ましで起床。

カナダで行われるワールドユース
(今回からU-20ワールドカップに名称変更)
日本の初戦を見るために!

 

試合はご存知の通りスコットランドに3-1での快勝。
内容も日本らしいサッカーを展開しての完勝。
今後に期待が持てる90分だった。

 

小野伸二・稲本潤一・高原直泰らを擁して準優勝を飾った
99年のあのワールドユース以来、この大会を見るのを
楽しみにしている。

今回はスカパーのみの生中継。
カナダでの開催なので日本では朝方の中継になるのだ。

この年代の大会は、「勢い」ってものが結果に大きく左右する、
と思っている。

お互いに手の内を知らない国どうし、事前情報が少ないから
恐れる要素が少なく、格上にも恐れることなくぶつかれる。

だから見てるほうも先入観無しに見れるから、
フル代表を観るのとは違った楽しさがある。

選手個人に対する見方も同じ。

フル代表だとどうしても、この選手が普段するプレーと比較してしまう。
選手に対する先入観、事前知識があるから。
それはそれで面白いのだが、ワールドユースではそれを無しに、
純粋に楽しめるのだ。

今回の日本代表の面々は、”あの”99年組に似た、
日本人らしくない”ふてぶてしさ”みたいなものを持っている気がする。

今朝のスコットランド戦でも、相手をばかにしたようなプレーや
逆に相手をいらつかせるしたたかさも、時折見せてくれた。

この後も決して楽な戦いは待っていないが、
それでもこの世代の日本代表たちは、早起きして観る価値がある、
そんな気にさせてくれる。 

|

« 東雲発⇒夏のSALE! | トップページ | 東雲って便利! »

和心~JAPAN!~」カテゴリの記事

蹴魂~Football~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東雲発⇒夏のSALE! | トップページ | 東雲って便利! »