« 盆踊り! | トップページ | ホームパーティー用に »

今年もツールに”ありがとう”

2007年のツール・ド・フランスが終わった。

紆余曲折の末、BAYの応援していたスペイン人、
アルベルト・コンタドールの総合優勝という形で。

 

 

今年もツールはスキャンダルに襲われた。

人気者ヴィノクロフのドーピング陽性反応には驚かなかった。
前日の失速から嘘のような変わりぶりでステージ制覇を成し遂げた
あの日、

BAYは一緒にTVを観ていた妻に話していた。
「これだけ調子の差が激しいと、ドーピングじゃないかって
思っちゃうよね・・・」。

それくらいにヴィノクロフのツールは激しかった。

そしてあまりにも腑に落ちないラスムッセンの解雇。

噂されているドーピング隠しなのか、
本当にただの規律違反なのか、
真実がどこにあるのかは知る由も無い。

だけど、あんな理由で総合首位に立っている選手を消すなんて
毎日毎日長時間応援し続けている世界中のロードレースファンを
バカにしている。

 

今年から、チャンネルを譲らない(笑)BAYの影響で、
妻もツールを観戦していた。

最初はオランダに行った時の思い出という安易な気持ちから
ラボバンクを応援していた妻。

ところがそのラボバンクからマイヨ・ジョーヌを着る選手が
現われたのだから、妻も自然とラスムッセンを応援するようになった。

そして彼がピレネーで見せたライバルたちとの直接対決は、
妻のような初心者をツールに惹き込むに十分な魅力溢れるレースだった。

毎年見ているBAYも、この激しい闘い観たさに
毎晩遅くまでTVにかじりついていた。

毎年毎年、魅力的なタレントたちが、スキャンダルによって
ツールを去っていったり、
ツールに出れなかったり、
ツールの後から足跡を消されたり、、、。

本当に残念と言うしかない。

 

もうひとつ残念だったのは、かつてツールを地上波で中継
していたフジテレビ”スポルト”が伝えたツールのニュース。

ヴィノクロフの失格とラスムッセンの解雇を”ドーピング汚染”
として伝えたのだが、これがまたひどい。

その時点で既に総合争いから脱落していたヴィノクロフを
”総合優勝に最も近い選手が失格に”と伝え、

確かに疑われても仕方ないタイミングではあるが、
正確にはドーピング検査で陽性反応すら出ていない
ラスムッセンの失格を、あたかも”ドーピングで解雇”と
伝えていた。

 

寂しいですね、こういういい加減なスポーツニュースでしか
情報を得られないのかと思うと。

これでもかつて中継をしていた局なの?
自分たちが中継しなくなったコンテンツなら、多少は真実と異なっても
いいってこと?

そう思いたくなってしまう、本当にいい加減なニュースでした。

  

いろいろあったけど、それでもツールを楽しませてもらった。

社会人になってからでは今までで一番ちゃんと観たかもしれない。
(妻がツールに興味を持ってくれたのが大きい。)

観れば観るほど、現地で観戦したくなる。

ヨーロッパの人々が、バカンスを利用してキャンピングカーで
ツールと共にフランスを旅している。

選手と同じ道を自分のバイクでのぼり、その地面に
お気に入りの選手の名前を地面にペイントする。

そんな生活を、いつかしてみたい。

|

« 盆踊り! | トップページ | ホームパーティー用に »

躍想~Sports~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 盆踊り! | トップページ | ホームパーティー用に »