« もしものときに | トップページ | 東京湾華火! »

新たな日本一へ

M54492452014年春、
どうやら
”日本一”の座が
入れ替わる。

大阪・阿倍野の
駅ビルが
その座を奪う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近鉄が発表した概要は以下の通り。

近畿日本鉄道は8日、近鉄百貨店が入居している
阿部野橋ターミナルビル(大阪市阿倍野区)の旧館部分を建て替え、
百貨店やホテル、オフィスなどから成る超高層複合ビルを建設すると発表した。

地上59階地下5階で、完成すれば高さ約300メートルとなり、
横浜ランドマークタワー(横浜市、296メートル)を抜いて日本一となる。
総事業費は700億~900億円で、2014年春の完成を目指す。

新ビルの延べ床面積は約21万平方メートルで、
地下2階~地上14階部分に近鉄百貨店が入居する。
建て替え後も残る阿部野橋ターミナルビル新館部分の同百貨店
(営業面積4万6600平方メートル)と合わせ、百貨店としての営業面積は
約10万平方メートルとなり、松坂屋名古屋本店(名古屋市、8万6758平方メートル)
を抜いて、国内最大となる。

 

ということだ。

確かに最近、存在感が薄れ掛けてた近鉄。

阿倍野・天王寺エリアでもJRの駅ビル”MIO”の存在感に
後塵を拝していたような印象だった。

近鉄が百貨店を核にして、どんな空間を創るのか、
今から楽しみである。 

 

それにしても・・・

やはり”日本一”という響きは話題性を兼ね備えている。

高ければいいってもんじゃないし、安全性や中身の充実が
もちろん大事なんだけど、
”日本一”にこだわること、目指すことにはそれなりに価値が
あるんじゃないかって思ってる。

正直言って(ミーハーだけど)、完成したら行ってみたいって
思うし。

 

そして、世界ではもっともっとスケールの大きな話が進んでいる。

以前のブログでも紹介したが、ドバイでは日本一の遥か上をいく
”世界一”の計画が進行している。

そう、建設中の「ブルジュ・ドバイ」が、建設途中でありながら、
ついに世界一の高さを超えたのだ。

現在141階、512mの高さまで建っているらしい。

正式には最終的にどの高さに到達するのかを公表していないが、
BAYがドバイに行った時に聞いたタクシーの運転手の話では、
800m!!!とか180階!!!とかって数字が飛び出してた。

来年には完成するらしい。
こちらも中は商業とオフィスの複合体。

いやぁ、、、またまたドバイ行きたくなっちゃうなぁ。

|

« もしものときに | トップページ | 東京湾華火! »

商処~Shopping Center~」カテゴリの記事

風識~News!~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もしものときに | トップページ | 東京湾華火! »