« 初秋の別れ② | トップページ | 初秋の別れ④ »

初秋の別れ③

Samplea卒業から
もうすぐ10年。

大げさに言えば、
ひとつの歴史に
この秋、幕を
下ろしました。

東京都への
チーム登録を
来シーズンは
行いません。

  

 

学生時代の同級生で創ったスキーチーム。

東京都に登録していたそのチームを、
来シーズンから登録しない、つまり脱退することにした。

もちろんみんな友達だし、仲間ではあるけれど、
オフィシャルにチームとして登録されることは、もうない。

東京都におけるこのチームのハイライトは、
なんと言っても名寄国体

BAYにとってはじめての国体であり想い出深かったってのも
確かにありますが、われらが代表のスーパーランがスキー界
に大きなインパクトを残した大会でもありました。

(当時BAYは国体ってものを無知だったので、その偉大な価値に
 気付いていませんでしたが・・・。)

サラリーマンレーサーが並み居るナショナルチーム経験者の間に
割って入った3位表彰台!

その場に居合わせたこと、そしてその快走がこのチームの選手と
しての快走であったことを誇りに思います。

 

みんなが30歳を超え、仕事でも家庭でもそれぞれの事情を
抱えていく中、だんだんと本格的にレースに取り組めなくなる人が
増えて行き、
スキー人口減少という世の中の流れに同じく、仲間に加わる
後輩も決して多くなかったここ数年。

特定の何人かの出場のためにチーム登録を維持してきたが、
出資者である恩師の了解を得て、ここで幕を下ろした。

もちろん、都道府県に対する登録がなくなっただけで、
チームとしての仲間意識が薄れる訳では無い。

 

ただ、有形の事実がひとつ無くなったという感覚が生まれ、
BAY自身がスキーから離れていることもあって、
脱退届に判を押して窓口で提出したとき、
意外な寂しさみたいなものが湧いてきた。

きっとそれだけ熱く、楽しくスキーをしてきたってことなんだろう。

東京都における「ラスベガススキーチーム」はもう存在しません。

でもこれからもみんな、今までどおりに打ち合わせなく(笑)、
自然体で生きていくんだと思います。

滑りたい奴は滑り、休みたい奴は休み、飲みたい奴は飲む。。。

その過程で、どこかのタイミングで、またみんながゲレンデに集い、
昔話をしながら笑い、そして続けざまに颯爽とスタートしていく・・・
そんな光景が再現されたらいいなと思います。

色々な形でサポートしてくれた、盛り上げてくれた周囲の皆様の
おかげで10年近くも活動を続けられたのだと思います。

出資者である恩師にも、周囲の皆様にも、この場を借りて心から
御礼を申し上げたいと思います。

ありがとうございました。

|

« 初秋の別れ② | トップページ | 初秋の別れ④ »

雪理~Ski~」カテゴリの記事

コメント

なんだか切ないですね。

でもベガスは僕が見た社会人軍団の中で
最強の絆で繋がっている方達だと思います。

形は違えど、スキー(お酒)を愛する気持ちが
大切なのかもしれませんね。

今年は学生最後なので少しはスキーを
やりたいと思っています!!

投稿: あみーご | 2007/09/27 00:03

>あみーご
コメントありがとう。まあ俺から言わせればあみーごも生まれながらにベガスと同じDNAを持っているような気がするけどね(笑)。
なんか自然に仲間意識が湧いてくるし。

社会人になってからはどれだけスキーできるかわからないし、最後は楽しんで過ごせるといいな。

投稿: BAY | 2007/09/27 16:50

そっかー。
やっぱりなんか寂しいな。
来週、月曜から土曜日まで幕張にいてるから、いつでもメールして。

投稿: たっかー | 2007/09/29 09:55

>たっかー
コメントありがとう!
時間があったら連絡するね~!

投稿: BAY | 2007/10/01 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初秋の別れ② | トップページ | 初秋の別れ④ »