« BAロンドンアイ | トップページ | 爽やかに新緑 »

ロンドンでもスタバ

Img_2061これ、ロンドンの
カムデンタウンに
ある、
スターバックス。

小さな川のほとりに
こじんまりと、ある。

 

 

川越しに見えてきたとき、それがスタバだとは
わからないくらい、サインも小さい。

でも、何の店なのか、何の建物なのか、
気になってしまう、雰囲気を持っている。

このロケーションにピッタリ合った建物に
ちょっと感動。

もともと地球の歩き方を見ながら
この辺にスタバがあるのを知っていて、
寄ろうと思っていたので、
興味津々で中へ。

 

すると・・・

Img_2067この店は何かが
違う!

壁面全部を使って
年表が貼られて
いるのです。

 

このカムデンタウン、あるいはロンドンという都市の
歴史を記した年表。

Img_2066「people」
「architecture」
「histry」
「transport」

という4軸で
歴史を紹介
しています。

う~ん、さすがはイギリス人。
自分たちの国に、都市に誇りを持っているのが
ありありと伝わってきます。

だってスタバって世界のどこで入っても、
同じ雰囲気の店が作られてるのに、
ここイギリスではこうやってイギリスであることを
強く前面に押し出してる。

ここには観光客もたくさん来るってのも
あるのかもしれない。

日本のスタバだって、外国人がたくさん来るんだし、
もっと日本の文化や、その地域の歴史なんかを
紹介できるスペースになっていても良いのにね。

で、肝心のコーヒーはちゃんと同じ味scissors

これが旅行中に飲めるとやっぱり安心する。

ま、ヨーロッパの場合、食事したレストランで
コーヒー頼んでも、そんなに外れることは多くないから、
「コーヒー飲みたい!!!」っていう中毒症状にまでは
ならないけど、

やっぱり日頃飲みなれた味を求めてしまうのは、
人間の本能なのか、
旅の疲れなのか。

どちらにしても、スタバのコーヒーによって、
いつも以上に精神的に癒されたことは確かなようです。

|

« BAロンドンアイ | トップページ | 爽やかに新緑 »

欧記~Europa~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BAロンドンアイ | トップページ | 爽やかに新緑 »