« まさかのX'masケーキ | トップページ | 迎春 »

祝!退院

2008123109250002008年最後の日、
大晦日。

妻にとっても
我が子にとっても、
望んでいたとおりに
”病院最後の日”と
なりました。

母子共に、
本日無事に
退院です。

 

 

 

 

 

 

産後5日で退院が既定路線とはいえ、
母子ともに体調に問題が無ければ、という前提つき。

どうしても母子揃って家に帰って年を越したいsign03
という妻の切なる願いが叶ったことになります。

BAYは仕事なので、ちょっとの時間しか会えませんが、
それでも家に帰ってきてくれるのは嬉しいものですね。

退院当日の小児科検診を無事にクリアしてくれた我が子、
このまま1ヶ月検診まで我が家でスクスク育ってくれると
良いのですが、果たしてどうなることやらmoon3

ただどちらにしても、(生後数日とはいえ)
ちゃんと毎日母乳を飲んでくれているのが
何より素晴らしいことです。

家に帰ってきても、
たくさんの栄養をお母さんからもらうこと、
そして今まで通り周りを気にせずいっぱい寝るsleepyってこと、

赤ん坊の仕事であるこのふたつを、
今まで通り続けてくれることを願うばかりです。

 

それから、恐らく今年最後のブログになると思われる
この場を借りて皆様にご挨拶。

2008年、皆様に本当にお世話になりました。
そして我が子が誕生した際にはたくさんの
御祝いメールを頂き、本当に感謝しています。
ありがとうございました。

全員に返信できずに申し訳なく思っています。

今後も我が家の様子と成長記録をアップし続けていきたい
と思っておりますので、
たま~に見に来てもらえればと思います。

 

BAY個人としては、
とても充実した楽しい1年間となりました。

年明けから春先にかけては珍しく仕事に没頭して、
ひとつの形を作ることができました。

仕事で区切りをつけた後には、
2年ぶりにヨーロッパへと旅して、
チャンピオンズリーグとプレミアリーグを観戦、
BAYにとって非常に貴重な体験をさせて頂きました。

その後、夏までの間しばらくは妻がつわりに苦しみ、
夫婦共に暗中模索の日々が続きましたが、
(今こうして我が子が無事に産まれてくれたので)
あの日々さえも良い経験だったと思えます。

秋以降は妻のマタニティライフに付き合いながらも、
夫婦で出産の準備を進めてきました。
お互いの両親とのコミュニケーションも含めて、
家族の絆が少し深まったようにも感じます。

また秋には、
ちょっと大きな宴会を企画してみたり、
珍しく勉強して試験を受けてみたりと、
”今までと同じじゃない何か”にトライする時間も
持つことができました。

そんな盛り沢山な一年を締めくくるかのように、
慌ただしくも幸せな大晦日が過ぎていきます。

 

2009年も、2008年と同じように
穏やかで和やかな時間が過ぎていくように、
毎日を大切に生きていきたいと思います。

 

1年間、さぼり気味な時期も含めて
「東雲生活のススメ」に来訪頂きましてありがとうございました。

コメントを下さった方々、
重ねて御礼の言葉をお伝えします。
ありがとうございました。

これからも細々と、
そして気持ちを込めて書き綴りたいと思います。

|

« まさかのX'masケーキ | トップページ | 迎春 »

継命~Baby!~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まさかのX'masケーキ | トップページ | 迎春 »