« テンション↑↑ | トップページ | 衝撃の最終日 »

丸・丸・丸

2009052710190000左手には
うさぎさん。

右手には
しまじろう。

まん丸×3つ。

 

 

 

パンパンというか、まん丸というか、
とにかく似たような円形が3つ並んでいます。

区別がつかない方のために、念のために書きますと、
中央で口を開けているのが我が子です。

 

で、我が子の右側に並んでいるのが、
妻の友人がプレゼントしてくれた、うさぎちゃん。

で、我が子の左側に並んでいるのが、
こどもちゃれんじ』の第一回で送られてきた、
しまじろう君です。

うさぎちゃんも、しまじろう君も、
どちらも”おきあがりこぼし”になっていて、
我が子がどんなに乱暴に扱っても、
必ず笑顔で起きあがってきます。

この3人の中で、
今のところ起きあがれないのは我が子だけ
ということになります。

3人とも”円”の組合せによってシルエットが形成され、
どこにも”角”というものがありません。

うさぎちゃんとしまじろう君の場合、それは意図的な事で、
我が子を傷つけない為の配慮でもあります。

我が子の場合に限り、それは意図的でも何でもなく、
ただただ母乳の飲み過ぎによるものです。

従って、3人ともにまん丸な仕上がりとなっていますが、
そのプロセスには大きな違いがあります。

この3人の中で、最も手がかかるのは我が子です。
オムツを替えなければなりませんし、
たま~にですが泣いたときには抱っこしてあげる必要があります。

 

次に手がかかるのは、うさぎちゃんです。

彼女自身に何の罪も無いのですが、
我が子があまりに激しく引っ張り、叩きつけるために、
中の重心がおしりから背中へとずれてしまい、
”おきあがりこぼし”ではなく”寝たきり”になってしまうことが
あります。

そんな時はうさぎちゃんのお腹を空けて、
重心をおしりに移してあげるのです。

しまじろう君に関しては、今のところ全く手がかかりません。

我が子がどんなに激しく振り回して投げ飛ばしても、
何食わぬ顔で起きあがってきます。

”おきあがりこぼし”としての役割を
パーフェクトに全うしていると言えます。

もしこれから我が家を訪問される方がいらっしゃいましたら、
お間違えの無いようにお願い致します。

3人の中で最も乱暴で、最も丸く、最も表情豊かなのが、
我が子でございますwink

|

« テンション↑↑ | トップページ | 衝撃の最終日 »

継命~Baby!~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テンション↑↑ | トップページ | 衝撃の最終日 »