« そんなに似てる? | トップページ | 読書タイム »

日本サッカーの”国力”

ワールドカップ南アフリカ大会
アジア地区最終予選・最終戦。

オーストラリア 2-1 日本。

2位通過という現実と、
日本より確実に高い位置に居る
オーストラリアという国の存在と、
日本サッカーの現在位置。

 

 

ドイツの地で、
目の前で、
オーストラリアに敗れたあの日以来、

BAYはオーストラリアを日本よりも”格上”だと思っている。

もちろん対戦すれば勝って欲しいし、
心から応援している。

けど冷静に見て、
現地で感じて、
明らかに、”格上”だと思っている。

 

だから、その後対戦するときに、
日本のメディアが”最大のライバル”と唱ったり、
勝つ可能性の方がはるかに大きいような口調で報じるのを見て、
とても違和感を覚えてしまう。

負けて当然、とまではいかないけれど、
自分たちの方が劣っていることを前提として認識して、
その上で心から応援した方が良いんじゃないか、
なんて自分の中では思っていた。

 

サッカーのスタイルがまるで違うこともあって、
冷静に比べることが難しくなっている部分もあるけれど、
これからも何度も対戦する相手なのだから、
素直に強さを認めることも大切なんじゃないかと思う。

 

今回、
1位ではなく2位通過だったことに落胆するかもしれないが、
BAY的には全く気にならない。

むしろ実力通りの妥当な結果だし、
1位に近い2位ではなく、
3位に近い2位だとさえ、思っている。

 

5チーム中2位までに入れば本大会出場という条件の中で、
A組の韓国とB組のオーストラリアが無敗で勝ち抜けた。

この2カ国の力は、現時点でアジアの中で抜けていると思う。
サッカーの内容とかではなく、
”勝つ”ということに関して。

そしてこの2カ国が無敗で抜けたということは、
つまり他の国の勝ち点を抑えてくれたという効果も、
一方の事実として存在のである。

もしも、オーストラリアがバーレーンやカタールの適地で
取りこぼしていれば、
2~3位争いのボーダーラインがもっと上がり、
日本ももっと焦っていただろう。

リーグ戦の中で1カ国抜けたチームが、
取りこぼし無く勝ち点を積み重ねることで、
2位チームがその恩恵を被るケースはよくあることだ。

その点では日本は感謝しなければいけないとさえ思っている。

ドイツ、カイザースラウテルンでも感じたこと。

日本は選手もサポーターも含めて、
失点した後の落ち込み方が激しい。

試合の流れの戻し方もそうだし、
スタジアムの雰囲気もそう。

TVの解説者たちは簡単に
「ここからが勝負ですよ」
なんて言うけれど、

相手だって得点した流れに乗りたいし、
サポーターも必然的に盛り上がってる。

それを跳ね返せるだけの”国力”が、
まだ十分に備わっていないってことなんだとおもう。

 

それはその国の文化でもあり歴史でもあり、
国民性でもあるわけで、
そう簡単には変わらないのだろうが、

オーストラリアや韓国といった、
ある意味で”指標”となる国が身近にいることで、
対戦を重ねて少しずつ”国力”を上げていくしか
無いのだと思う。

応援している側で言えば、

味方が苦しいときにこそ
背中を押すような声援を届けられるかどうか、

相手が苦しいときには
息を吹き返せなくなるようなダメージをスタジアム全体で
与えることができるかどうか、

ってことなんだと思う。

 

今回、オーストラリアと東アジア勢が出場枠を確保し、
西アジア勢はプレーオフの1枠だけに終わった。

イランやサウジといった常連国が苦戦しているのを見ると、
サッカーの勢力図はたった数年で簡単に塗り変わるのだと
感じる。

そして今回苦汁を味わった西アジア勢が、
次回のワールドカップ予選では必ず巻き返してくるだろうと
考えれば、

次回の予選が本当に厳しく、
そして見ている側としても本当にスリリングな展開になるのだと思う。

まずは自信を持って、
オーストラリアと”同格”と言えるようなところまで、
日本代表がたくましくなってほしい。

そしてそれを応援し続けたい。

|

« そんなに似てる? | トップページ | 読書タイム »

和心~JAPAN!~」カテゴリの記事

蹴魂~Football~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そんなに似てる? | トップページ | 読書タイム »