« 日本サッカーの”国力” | トップページ | 新技披露 »

読書タイム

200906032319000両手を広げて
絵本を読んでる、

ように見える。

右手と左手が
だいぶ自由に
動かせるように、

そして
お目当てのものを、

だいぶ自由に
掴めるように
なってきたね。

 

 

 

毎日必ずではないけれど、
お風呂あがりに「絵本タイムnote」を作っています。

絵本に興味を示すときと、
そうじゃないときがあるけれど、
赤や黄色といったビビットな色が
たくさん使われているページになると、
俄然テンションが上がりますupupup

そして最近は、
自分の両手で絵本を掴めるようになりました。

こうやって写真に撮ると、
あたかも自分で絵本を読んでいるかのうようで、
まるで”自習時間”ですwink

 

安定して両手で掴んでいられるのは数秒で、
そのあとには片方の手から滑り落ちたり、
時にはそのまま顔面に絵本が落下してきたりします。

絵本の角が顔に直撃したときなんかは
きっと痛いハズで、
「あぁ、泣いちゃうかなぁ・・・weep
なんて思いながら見ているんですが、

これが泣かないんですね。
不思議と。

皮膚がやわらかいから痛みを吸収しちゃうの?

それとも自分で本を落としたってわかってるから?

そもそも痛みに鈍い?

本当の理由はわかりませんが、
きっとすぐに上手に掴めるようになるのでしょう。

毎日ちょっとずつ、本を読んでいこうね。

|

« 日本サッカーの”国力” | トップページ | 新技披露 »

継命~Baby!~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本サッカーの”国力” | トップページ | 新技披露 »