« 何でもおくちに | トップページ | カサカサ、くしゃくしゃ »

ツール・ド・フランス 完全観戦(TV)!

Photo_mapl_2この3週間、
毎晩欠かすことなく、
買ったばかりの
テレビとにらめっこ。

自転車にまたがる
男達を見つめ続けた
充実の3週間。

 

 

 

 

この3週間、J-SPORTSのツール中継
お世話になりっぱなし。

むしろそれ以外のテレビ番組を見たのは、
朝のニュースくらいなんじゃないかっていうくらい。

BAYがツールを見始めて、
もう15年以上が経っている。

自転車のプロでもないし、そこまで詳しくもなかった。
昔はツール以外のレースを見ていなかったし、
望んでも中継のあるレースが限られていた。

それが年々、CS放送の拡がりもあって、
TV観戦できるレースが増えてきていて、
ここ数年はツール以外のレースもちょこちょこ見ていた。

で、
今年はというと、
シーズン初めのツアー・オブ・カタール、
そしてツアー・オブ・カリフォルニアから始まって、

パリ~ニース、ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・スイスなどはもちろん、
ミラノ~サンレモ、パリ~ルーベ、リエージュ~バストーニュ~リエージュ
といったいわゆる”1Dayクラシックレース”まで、

そしてツール・ド・フランスを見る上で最も重要な
同じフランスでの前哨戦であるドーフィネ・リベレまで、

今までと比べればたくさんのレースを見ることができた。
だから7月を迎える時点での知識も期待度も、
これまでの中では最高に達していたのである。

高校野球好きの方に例えるなら、
昨年の夏の大会もバッチリ見てきて、
今年の春の選抜も完全観戦、
そして勝ち上がってきた学校の地区大会もチェック、
注目選手も頭に全員並んでいて、
そんな彼らの成長ぶりも見てきた・・・みたいな感じでしょうか。

だから、見ていて本当に楽しいし、
以前よりも見逃せない度が格段に高まっていてup
あっという間の3週間でした。

 

数年前までは、レース中に必ずといっていいほど起きる
ドーピング・スキャンダルによって
有力選手が大会を後にしてしまい、
盛り上がるレースに水を差していました。

また、その余波もあって優勝候補が何名も出場できない、
そもそもそんな年もありました。

ところが今年は、前哨戦のドーフィネを勝った
アレハンドロ・バルベルデの不運な欠場こそありましたが、
有力選手が軒並み出場し、
ランス・アームストロングの復帰、
そして日本人が2人も出場するなど、
本当に興味の尽きないレースになりました。

今までの何年分も楽しませてもらったような気がします。

個々の選手や各チームのこと、
それぞれのレースのこと、、、

同じく見ていた方と感想を語り始めれば、
恐らくエンドレスで盛り上がれるでしょう。

なのでここには書けませんcoldsweats01

ただ、本当に面白いレースでした。
そして、遠いフランスの山奥で行われている自転車レースの、
バイクの上で撮影されている映像が、
ライブで日本でも見られるという幸せに、
改めて感謝し、感嘆するのです。

毎年毎年同じ感想しか言えず、
本当に能がないのですが、
でも素直に毎年そう思わされるのです。

『いつか、生で見てみたい。』

|

« 何でもおくちに | トップページ | カサカサ、くしゃくしゃ »

欧記~Europa~」カテゴリの記事

躍想~Sports~」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、教えてほしいことがございます。
東京湾華火大会ですが、東雲から見えるのはどの辺りでしょうか?
当日の晴海通りの混雑状況などはいかがでしょうか?
2月に引っ越してきましたが、まったく予想がつかないのです。

投稿: しの | 2009/07/31 19:43

>しのさま
コメントありがとうございます。
東雲エリアも建物が毎年増えていってしまい、状況が刻々と変わってしまいますね。
2年前には江東区民にも本会場の入場券が優先的に割り当てられていました。
(ちなみに2年前↓の様子)
http://bay-life.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_3c72.html#more
が、昨年・今年はありませんねdespair

BAYはそんなに詳しくないのですが、知っている限りでお伝えしますと、、、
晴海通りは交通規制もありますが、やはり位置によってはよく見えます。特に東雲から豊洲を抜けてトリトンまでのエリア、更に歩道橋の上などはかなり!
晴海通りの歩道を行ったり来たりしながら見ている人もたくさんいます。
ですが、そういった場所は警備員が居て、滞留を阻止されますcoldsweats01
東雲から台場に向かう道路の歩道も場所によっては見えますが、どちらも落ち着いて見ることはできないですね。歩きながら、ですから。

豊洲・東雲の高層マンションで西向きのお部屋や通路がイチバンflairですね。
お知り合いがいらっしゃれば良いのですが。

それから、イオンの駐車場も見えるはずですが、当日はきっと何らかの規制があるでしょう。ららぽーとも有料で入場券を発売するようですが、倍率は高そうですね。

桜橋の上や、辰巳駅前の小さな公園からも少しは見えるかもしれません。

きちんと見たいのでしたらやっぱり本会場をオススメします。オークションなどで入場券を購入しなければなりませんが、歩いて行ける距離ですし、地元の花火大会ですから。

こんな感じで参考になると良いのですが。

投稿: BAY | 2009/08/02 10:24

ご丁寧にありがとうございます!
何となく東京湾の華火は華火大会の終わりをつげる合図の様な感じで、
絶対みたい!と思いました。

やはり当日早朝に主会場の入場自由を狙ってみたいと思います!
ありがとうございました!!

投稿: しの | 2009/08/05 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何でもおくちに | トップページ | カサカサ、くしゃくしゃ »