« 絵本は読むもの | トップページ | 私塾なるものに »

豊洲駅が快適に♪

2009093017270000_3

線路が地面へと変わり、

ホームが広くなりましたhappy01

 

豊洲駅はもともと、上り線と下り線が別のホーム。

それぞれの外側を電車が通り、内側は未使用。

つまり・・・

④:下り電車

***下りホーム***

③:未使用線路

②:未使用線路

***上りホーム***

①:上り電車

という構造になってました。

 

で、今回、ずっと使っていなかった②と③の線路に

ふたをして、ホームをつなげたのです。

つまり・・・

④:下り電車

***ホーム***

***ホーム***

***ホーム***

***ホーム***

①:上り電車

という構造になったのです。

そう、ホームが広くなって、使える階段も増えました。

どうやら、

一部の階段を改修するための仮設処置だそうですが、

ずっとこのままにしておいて頂きたいものです。

 

住んでいる人も働いている人も急速に増えている

豊洲エリア。

朝は導線が絡み合ってしまい、スムーズに歩けない状況・・・。

これで安全で快適な駅に進化してくれるとよいのですが。

 

ちなみに、なんで使っていない線路があったのか、と言うと、

そこには「豊洲亀有分岐線」という構想があったのです。

構想、というよりれっきとした”計画”ですね。

 

有楽町線が豊洲から分岐し、

住吉や押上、四つ木を経て亀有に至る路線の計画。

BAYが生まれる前の1972年に、

それまで新富町止まりだった有楽町線を新木場まで

延伸する計画と同時に策定されているようです。

だから豊洲駅に最初から余分なホームが造られているのですねflair

その後、分岐線は免許が保留されたまま現在に至っているのだとか。

 

確かに、豊洲・東雲エリアから北東方面(錦糸町・亀戸・住吉・大島など)

へのダイレクトなアクセスはバスしかありません。

東陽町や門前仲町へも含めて、電車では遠回りになり、

距離の割に不便さを感じることはあります。

 

ですが、

BAY個人としてはあまり必要性を感じません。

銀座や有楽町、そして台場へのアクセスを考えれば、

そしてそこに地元豊洲の機能を追加すれば、

どうしてもそちら方面に急がなければならない理由は少なく、

今後も増えるようには感じられません。

 

むしろ、乗り入れが増えることで電車が遅れたり、

混雑が増すことがあれば・・・と考えてしまいます。

もともとBAYがそちら方面への用事が多くないことに加え、

たま~に用事があっても車で済ませてしまうから

こんなことが言えるのかもしれませんが。

 

まぁもちろん、

さらに便利になるに越したことはないので、

実現するのであれば大歓迎です。

それにしても東京の地下って、すごいですね。

この辺は埋め立て地が多いっていうのに、

電車はどこへでも延びていくのですから。

|

« 絵本は読むもの | トップページ | 私塾なるものに »

豊洲~TOYOSU~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絵本は読むもの | トップページ | 私塾なるものに »