« 0歳児もあとわずか | トップページ | 豊洲公園で »

ワールドカップ 組合せ決定!

日本がsoccer本大会で同居するのは、

オランダ・カメルーン・デンマーク

の3カ国。

BAY的には「楽しみshineな」グループ。

今回の抽選会を、
BAYなりにふたつの視点から振り返ってみたい。

ひとつは『日本が決勝トーナメントに勝ち上がるには?』
という視点。

つまり日本にとって比較的戦いやすい、
勝ち点を奪う可能性が高い(とBAYが思う)相手である。

もうひとつは、『BAYが同組になって欲しいと思う』
という視点。

BAYは基本的に、骨のある、スタイルのある、
強い相手と同組になって欲しいと思っている。

もちろん決勝Tに勝ち進んで欲しい気持ちは強いけど、
そこまで恵まれた組合せ・条件で勝ち進むというシナリオは、
既に自国開催の2002年に経験済み。

今回それが繰り返されたところで、
蹴る方も見る方も、得る物が大きいとは言えないのではないか、と。

それよりもむしろ格上と思われるような相手と戦って
日本のいい部分を出して欲しい。
そんなシーンを、単純に見たいのである。

日本を相手にするとベタ引きで守ってしまうアジア相手の公式戦や
2軍メンバーや観光気分の相手とのホームでの親善試合を
数知れず見てきたことからの反動かもしれないが、

それぞれの”国力”を本気で出し合う舞台だからこそ、
個性の強い、熱い相手と戦って欲しいと思うのである。

 
で、抽選前にさかのぼって、
ポット分けされた状態から振り返ってみたい。

■第1ポット(シード国)
ブラジル
スペイン
オランダflag
イタリア
ドイツ
アルゼンチン
イングランド
南アフリカ

【勝ち抜けたいなら】
当然ながら実力的には開催国・南アフリカが一番劣るだろうが、
だからといって同組が有利とも言えない。
未知の国、未知の大陸での完全アウェーの試合が及ぼす影響は
計り知れない。

どこと同居してもこの第1ポットの国からは勝ち点1が取れるか
取れないか、というのが現実的なところだろうが、
中でも特にブラジル、スペインの2カ国は抜けていると思っている。

第1ポットからはオランダ、という結果は、
当たりでも外れでも、どちらでも無いだろう。
そもそもこのポットに当たりも外れも無いと思っている。

【BAY的には】
やっぱり「スペインVS日本」が見てみたかった。
体の大きさもさほど変わらないスペインの中盤と、
日本で最もサッカーが上手い選手で構成する中盤との
戦いが見てみたい。

 

■第2ポット
オーストラリア
日本flag
北朝鮮
韓国
ホンジュラス
メキシコ
米国
ニュージーランド

日本にとっては関係の無いポットだが、
他の3ポットに属する国にとっては重要。
言い方は悪いが、この第2ポットのチームからは
確実に勝ち点3を取りたいと思うはずで、

単純に勝ち抜けたいチームにとっては、
メキシコ・オーストラリア・アメリカが外れ、
ホンジュラスとニュージーランドが大当たり、
日本・韓国ならまずまず、北朝鮮は未知数・・・
といったところだったのでは?

■第3ポット

チリ
パラグアイ
ウルグアイ
ナイジェリア
カメルーンflag
コートジボワール
ガーナ
アルジェリア

南米勢か、アフリカ勢か、、、
どちらにしても簡単ではない国ばかり。

【勝ち抜けたいなら】
パッと見ると、聞き慣れない「アルジェリア」が一番いいのでは?
と思ってしまうが、プレーオフでエジプトを下しての出場で、
侮れない国でもある。

強烈なFWに個人技で得点されるケースの多い日本にとっては、
それでもアルジェリア、チリ、パラグアイが望ましかっただろう。

ただ、アフリカ勢には「脆さ」も同居する。
シナリオから外れてしまったシチュエーションで、
退場者を出して試合を自ら壊してしまうケースなど、
しつこさと試合運びの上手さも備える南米勢相手よりも
可能性はあるのかもしれない。

【BAY的には】
◎コートジボワール
○ガーナ
△カメルーン
この3カ国との本気の対戦が見たかったので、
BAY的には大満足。

しかも、カメルーン相手にベストメンバーを組めれば、
中盤のパス回しでそこそこ相手を揺さぶれるのでは?
と淡い期待も抱いている。

■第4ポット 

デンマークflag
フランス
ギリシャ
セルビア
ポルトガル
スロベニア
スロバキア
スイス

ポット内での力の差が最も大きな第4ポット。
世界中が注目したフランスとポルトガルの行き先・・・。

【勝ち抜けたいなら】
当然ながら前出2カ国との同居が大ハズレ。
それに次ぐデンマーク、セルビアあたりがややハズレか。
敢えて言うならスロベニア、スイスならやや当たり?
かもしれないが、
とにかくフランス、ポルトガル以外なら御の字だろう。

【BAY的には】
小気味よいテンポで試合を進めるギリシャやデンマーク、
ハードワークとテクニックが同居するセルビア、
この3カ国との対戦を見てみたかった。

もちろんフランスやポルトガルとの対戦も見たいのだが、
強豪が2カ国いることで消化試合になる可能性が高まるのも
避けたい。

なので、デンマークってのはまずまずの相手です。
だってここ、強いですから。

ということで、とりとめのない抽選会振り返りでしたが、
要はBAYにとって、
3試合ともに”見たい”と思う興味深い組合せになったということ。

言い換えれば、3戦3敗も十分にあり得る。
そして、3戦全勝は難しいけれど、
「3戦無敗」もあり得る相手だとも思っている。

こうやって色々と考えているときが一番楽しいとき
なのかもしれない。

ガンバレ、ニッポンsign03

|

« 0歳児もあとわずか | トップページ | 豊洲公園で »

蹴魂~Football~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0歳児もあとわずか | トップページ | 豊洲公園で »